メンヘラはジャスミン茶が好き

メンヘラじゃありません

日常のルーティン化とその先にある死

生活を見直し、完全ルーティン化した。

 

朝は6時30分の目覚ましで目を覚まし

10分スヌーズを3回無視して7時にベッドから起きる。

顔を洗って歯を磨いて髪を整えて4回目のスヌーズを切る。

7時10分から着替えて7時15分からもう一度ベッドに入り7時30分まで寝る。

これが朝のルーティン

 

8時37分に会社について17時53分に会社を出る。

 

19時に帰宅し、米を圧力なべに入れて水につける。

その間に弁当箱を洗い、圧力なべに火をつける。

ご飯を炊いている間に洗濯物を取り込み畳み片づける

ご飯が炊ける、食べる、片づける。この間に風呂にお湯を張る。

片づけが終わると全裸になって、着ていたものを洗濯機に入れて回す。

洗濯機が回っている30分で風呂に入る。風呂上がりに洗濯物を干し、髪を乾かす。

ここでだいたい20時30分だ。そしてうつ病の薬を飲んでから

弁当を作って冷蔵して部屋を片づける。

そして21時から自由時間だが、何もすることがないのでベッドでネットサーフィンして寝る。

これが夜のルーティン。

 

たぶんぼくは結婚しないし、子供も作らない。

これがあと35年続く。そのあと15年何をするんだろう、65歳のじじいに15年与えられても体力も何もないし、やる気も今よりないだろう。

静かに死を待つしかない。

 

ぼくはいま鬱病だし無理してこのルーティンを続ける必要があるのか真剣に悩んでいる。

何も楽しくないし、何も生まれない。

それならあと10年このルーティンから脱却して好きに生きて40歳で死ぬ選択もありなのではないか。

30代の10年と70代の10年

どちらに価値があるだろうか。

真剣に悩んでいるが、多分悩み続けて35年ルーティンをこなすんだろう。

 

今日も死にたいが、死ねずにルーティンを消化していく。