メンヘラはジャスミン茶が好き

メンヘラじゃありません

          ぼくについて  このブログについて  クソ漏らし  OD  おすすめ

OD備忘録 パブロンゴールド(金パブ)編

ぼくは好奇心から市販薬オーバードーズ(金パブなど)をするようになった。

これからODしたお薬のそれぞれの成分について、効果や体験の詳細をたまに書いていこうと思う。

基本的に安全に行えるようにしっかりと用法用量をまとめていきたい。 

 

ちなみに今までにODしたことのあるお薬は

パブロンゴールドA

エスエスブロン錠

j-taro.hatenablog.com

コンタックW / メジコン

j-taro.hatenablog.com

j-taro.hatenablog.com

ナイアシン

j-taro.hatenablog.com

ヘンプオイル

ざっとこのくらいだ。

市販薬ではないが、海外で乾燥した緑の草と緑の草クッキーもやったことがある。

 

大まかに効果を書くと以下の通りだ。

パブロンゴールドA(多幸感/覚醒)

エスエスブロン錠(多幸感/覚醒)

コンタックST(多幸感/幻覚)

メジコン(多幸感/幻覚)

ナイアシン(全身紅潮)

ヘンプオイル(リラックス)

・緑の草(多幸感/幻覚)

・緑の草クッキー(多幸感/高揚)

 

今日は一番やることの多かったパブロンゴールドA

通称 金パブ について書く。

※金パブの成分や金パブをより安全に摂取する方法は以下にまとめてある。

 

j-taro.hatenablog.com

  

ぼくはパブロンを飲むときはビールと一緒に飲んでいる。

飲む量はだいたいビール1リットルとパブロン6袋(通常用量の二日分)を飲む。

これで過度なふらつきや吐き気もなく、ちょうどいい多幸感を得られる。

 

パブロンはアルコールとの相性がよいように思う、多幸感とふわふわした感覚が増すように感じるのだ。

 

ビール500mlとパブロン6袋(2日分)を飲んで30分くらいでアルコールのふわふわ感がくる。

その後にパブロンの多幸感とふわふわ感がきて

同時に喉の渇きがくるのでビールを500ml追加する。

 すると多幸感とふわふわが強化されて何をしても楽しい状態になる。

(ちなみに多幸感とは漠然とした楽しいという感情が脳の奥からジワジワと湧き出てくる感覚で

ふわふわ感とは身体が軽くなって地に足が着かなくなっていく感覚だ。)

 

ぼくはこの状態で好きな音楽を流してソファでだらけるのが最高に好きだ。

多幸感とふわふわだけの場合すぐに寝そうになるがエフェドリンの覚醒があるため寝そうで寝ない絶妙な感覚のまま時間が過ぎていく。

 

この状態は一時間程度続く。そして上記のエフェドリンの覚醒だけが残り、余韻を味わいながら睡眠薬を飲んでベッドに入る。

 

問題は翌日以降だ。

まず副作用でお腹の動きが止まり、ひどい便秘になる。

そして便秘が解消されると一気に下痢になる。

ぼくが妖怪クソ漏らしになった原因の一つがこれだ。

 

最近はこの副作用を緩和するために便秘薬を同時に飲むこともあるが、調整が難しくなかなか問題は解消されない。

 

パブロンゴールドA

・タケダ便秘薬

 

 

※追記

パブロン単体の場合は2日分を最初に飲んで、30分~1時間で様子を見て

喉が渇いてきたと感じたときに多幸感があるかないかで追加を判断しましょう。

追加量は半日分づつくらいがいいかと思います。

コデインリン酸の分量50mg~100mgで調整するといいです。

連続でやると耐性が付くのでぼくはひと月に1回程度にとどめています。

あとアルコールに弱い人は少なめから始めると良いみたいです。

 

追記(7/28)

アセトアミノフェンは肝臓に悪いのでアセトアミノフェンの入っていないエスエスブロンがオススメです。

コスパなら金パブですが、肝臓に良いのはエスエスブロンです。 

j-taro.hatenablog.com

 追記(2018/10/22)

パブロンゴールドの成分及びCWE方法について別記事へ移管。

 

j-taro.hatenablog.com

 

 ※うまく楽しめなかったなど、副作用をもっと詳しく知りたいなどありましたら気軽にコメント欄へ書き込みください。